DMコースの流れ  次は「PADIインストラクター開発コース(IDC)」にチャレンジ!

ダイブマスターコース


ダイブマスターコースの詳細

日程

6泊7日コース
※1日目の午前中に石垣到着の場合
1日目:石垣島到着→オリエンテーション&学科講習
2日目:泳力テスト→スキルトレーニング→学科講習
3日目:海洋トレーニング→ログ付け(学科)
4日目:海洋トレーニング→ログ付け(学科)
5日目:現場トレーニング→ログ付け
6日目:現場トレーニング→ログ付け・申請&登録
7日目:フリー(学科・申請&登録の予備日)

3泊4日×2回コース
1回目 2回目
1日目:石垣島到着→オリエンテーション&学科講習 5日目:石垣島到着→スキルトレーニング復習
2日目:泳力テスト→スキルトレーニング→学科講習 6日目:現場トレーニング→ログ付け
3日目:海洋トレーニング→ログ付け(学科) 7日目:現場トレーニング→ログ付け・申請&登録
4日目:シナリオレスキュー →ログ付け・申請 8日目:フリー(学科・申請&登録の予備日)

学科講習が終わっていれば、コース途中にオプションでビーチボートダイビングやボートダイビング、ナイトダイビングに参加することも可能です。到着時間や学科の進み具合・海のコンディションにより変更になることもございます。また、沖縄に1ヶ月以上の長期滞在で受講するプランや、インストラクターコースやインターンシップとセットのプランも随時開催しております。

参加条件

1. PADIアドバンスドオープンウォーターダイバー ※他団体の認定ダイバーの場合は20ダイブ以上の経験と、ディープ・ダイ ビングと水中ナビゲーションの経験が証明できればOK
2. PADIレスキューダイバー ※他団体の認定ダイバーの場合はその団体でのレスキューコース終了を証明できればOK
3. 過去24ヶ月以内にEFRのトレーニングを受けていること。
4. 過去12ヶ月以内に医師の診断を受け、専用の書式にダイビング許可を得ていること
5. 最低年齢:18歳
6. 20本のダイブ経験

コース料金

講習料金 155,000円 申請料 20,000円(税別)※PADIプロフェッショナル登録料を含む

料金に含まれるもの

ビーチボートダイビング料金、講習料金、教材費(マニュアルのみ)、タンク・ウェイトのレンタル料金、ドリンク・送迎サービス

料金に含まれないもの

マニュアル以外の教材費、器材レンタル料金、昼食代

支払い方法

□現金 □クレジットカード □お振込み

使えるカード会社:Visa、Master、AmericanExpress、JCB

お振込先:琉球銀行 八重山支店 普通 854175 名義 (株)マレア・クリエイト

必要な物

お持ちの全てのPADIコース教材・お持ちの器材・水着・サンダル・タオル・筆記用具・3cm×4cmの証明写真2枚
Cカード・ログブック・PADIダイバーの場合はトレーニングレコード


プロコースに関してのお問い合わせはマレアダイビングカレッジのインストラクターが対応いたします。
日程のこと、料金のこと、教材のこと、ダイビング本数のことなど、疑問点や不安なことは全てご質問ください。
メールは gopro@marea.jp へ。


航空券&宿泊付パックをご利用の方は、フリープランをご利用ください 。

DMコースの詳細  次は「PADIインストラクター開発コース(IDC)」にチャレンジ!

マレア石垣島のことをもっと知りたい!お問い合わせはこちらダイビングコースが決まったら予約しよう!ご予約はこちら格安航空券とホテルつきでお得な航空券パック